一建設の新築一戸建て リーブルガーデン


 

新築一戸建てでおなじみ!
一建設は「分譲住宅供給棟数ランキング」14年連続で全国ナンバーワン!

(2000~2013年全国ホームビルダーランキング)
 
※ビルダーランキングとは?

 
全国地域ビルダーの販売実績を建築確認ベースでまとめた業界唯一の住宅実績ランキングです。
 
「はじめで、はじめよう新生活。」マイホームを夢見るすべての人に!
全国に広がる支社・営業所・住宅展示場、合わせると100を超える拠点を設置。
一建設の新築一戸建てを検討する各エリアのお客様とのあいだに、密に接することができるパワフルなネットワークを展開しています。
 
「一建設ってどんな会社?」
「新築一戸建てのリーブルガーデンってどんな家?」
「どんなところが優れているの?」
 
一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」の魅力はどんなところにあるのでしょう?

 
一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」が作り上げるのは人生の舞台!

 

一建設の新築一戸建てってどんな家?


出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
 

新築一戸建ての一建設は、関東を中心に東北、中部・東海、近畿、中国、九州に展開し、昭和42年の創業から変わらぬ企業努力を続けています。
一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」は、住宅金融支援機構が定める「フラット35」技術基準に適合!
業界トップクラスの強みを活かした「有利な土地の仕入れ」「建築資材の大量一括購入」などで価格面にも自信あり!
 
〜クオリティの高い愛される新築一戸建て住宅を届けるために〜
一建設が徹底して取り組むのは「安全・品質・工程・原価管理」

 
永く愛され続けるその理由とは?
 

はじめの4大ポイント

 
安心 建築基準法、瑕疵担保履行法、品確法などを遵守した耐震性や耐久性
丈夫 構造材のプレカットや剛床工法など精度が高く丈夫な工法を採用
快適 国の「住宅トップランナー基準」をクリアした省エネ仕様
品質 全棟地盤調査の実施、第三者や社内の厳格な品質検査、フラット35技術基準に適合
 

 
ムダがないから価格もタイト!
・高品質でローコスト住宅「リーブルガーデン」の安定供給
新築一戸建ての一建設は、各メーカーとの連携体制(クオリティの向上・効率化・問題解決のノウハウ)プラス、会社としてのスケールメリットが自慢!
信頼のおける生産インフラ構造をフル活用した低価格を実現しています。
 
徹底的にコストダウンして低価格化
・ベーシックなプランと仕様を採用した家づくり
新築一戸建ての一建設は、広告宣伝費を抑えて経費を低くキープ
工程管理への取り組み、第三者および自社施工検査でのコストダウン
次世代省エネ基準とプラスアルファの省エネ性能
 
地域密着型のトータルシステム
・その土地に住む人のニーズに応える
一建設の新築一戸建ては各地のエリアと住む人への密着型で事業展開。
土地情報の収集・物件のリサーチ・土地の仕入れ・企画&設計・解体&造成・着工・第三者による現場検査・販売・契約・引き渡し・アフターサービス&メンテナンスまでをおこないます。

 
詳しく知りたい!魅力のヒミツ
 

はじめがこだわる「ローコスト」&「昔ながらのつよい家」

 
1.パワービルダーNO.1だからこそのコストダウン
一建設の新築一戸建ては、そのスケールメリットを存分に活かした家づくりをしています。
・建材の大量仕入れによるコストダウン
・施工業者のスムーズな移動スケジュールで効率キープ
各地の拠点があることで、そのエリアごとに住宅相場を把握し、適正な価格を算出。
マイホーム探しを考えているお客様が求めやすい住宅価格での提案が可能となっています。
 
2.各メーカーとの安定取引での商品開発
地元で活躍する、実績や確かな技術のある販売会社や工務店などとパートナーとして事業展開。
・会社の規模を活かし各メーカーが商品開発や改善に協力してくれる
・各メーカーのノウハウ・知識・経験を参考によりよい住宅計画を作る
取引相手との良好な関係性が、満足してもらえる品質の住宅、良質な土地の仕入れにも活かされています。
 
3.広告宣伝費は下げてコストパフォーマンスは上げる!
会社としての大きい規模や誇れる実績に対し、知名度の面では若干控えめともいえる一建設。
その理由は「自社広告やイメージアップ活動をほとんどしないから」。
広告活動や販売活動はパートナーシップと信頼ある販売会社におまかせ。そのため、広告宣伝費を最小限におさえ、販売コストや人件費などの経費も低くできるので、その分は販売価格へきっちりと反映!
一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」自慢の優れたコストパフォーマンスが可能となっているのです。
費用と効果のバランスを最適な状態に保ち、購入しやすい値段の住宅をお客様へ。
 
4. 安いのに高品質!支持されるローコスト住宅
一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」はリーズナブルな価格がウリ。
豊富かつ安定した住宅を届けること、工程管理に力を入れることに重点を置いています。
今までつちかってきた方法やすでに存在しているテクニックを上手に使いながら、住宅を造り上げること。
・工場に特殊な設備を採用しない
・材料の待ち時間をなくしてきっちり細かい工程管理で現場仕事の停滞を防ぐ
徹底的にムダを省いてお客様への適正な住宅価格を実現しています。
 
5. 日本の風土に合わせた伝統的な家づくり!
一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」は、呼吸できる住宅「木の家つくり」にこだわっています。
はじめの家は日本に昔から受け継がれている在来工法(木造軸組工法)。
四季があり高温多湿な日本の住まい環境にピッタリなのは、気候変化に合わせて微妙に伸縮してくれる木材での工法。
土台・柱・梁など住宅を支える要となる骨格を木の軸で造ります。
1000年を超える長い歴史がある工法だからこそ、家づくりの基盤となる構造(生産インフラ)がしっかりと確立されています。

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/

 

リーブルガーデンの内装ってどんなもの?

 
毎日を過ごしやすい家であること
使いやすさを考えた設備であること
一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」の魅力は住宅内のいろんなエリア、その内装にも散りばめられています。

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/

 

はじめの内装こだわり例

 
・和室
一建設の新築一戸建てでは、2階建て住宅のほぼすべてのプランで「和室」と「押入れ」が存在します。
一戸建て住宅で「ホッと一息つける落ち着いた空間」として変わらぬ人気があるのが和室。
ごろりと畳に横になってくつろぐよろこびは、一戸建てならではの癒やしであり失われつつある家族風景ですね。
この和室、友人や親御さんなど来客があったときのゲストルームとしてもグッド!
多目的に使いやすい和室とともに、住む人のニーズでカスタマイズしやすいのが、自由空間である押入れ。
ファミリーが住むことの多い一戸建て住宅では、シーズンごとの家電や家族それぞれの持ち物など、出し入れ自由で使いやすいフリースペースがうれしいですね。
 
・フローリング
一建設の新築一戸建てでは、洋室はじめ、廊下やクローゼット内の床にフローリング仕上げを採用。
「戸建住宅は上下階もあるし日々の掃除が大変そう……」
リーブルガーデンならそんな心配はいりません!
汚れがつきにくく落としやすいフローリングのお手入れはとってもかんたん。
サッと拭くだけ、ワイパーシートでなでるだけ、軽く掃除機をかけるだけですぐきれい!
毎日の掃除やお手入れがラクになり、忙しい奥さんが悩む家事の大幅時短にも役立ってくれます。
 
・玄関床のタイル仕上げ
住宅の中でも「家族やお客様を迎え入れる住まいの顔」としてとても重要なのが玄関ですね。
一建設の新築一戸建てでは、玄関に30cm角の大きめのタイルを敷き落ち着いた雰囲気を演出しています。
このタイル床はノンスリップ仕上げなので、すべりにくく掃除もしやすいんです!
いつでも気持ち良く出入りできるようにしておきたいエントランス周りを、手間がかかることなくキレイ&清潔に保っておけます。すべりにくさは雨の日など靴裏が濡れているときでも安心です。
 

永く暮らす家はシンプルが一番!

 

リーブルガーデンの機能性ってどんな感じ?

リーブルガーデンの見た目は飽きのこないベーシックデザインが中心。
主張しすぎない佇まいの中に、しっかりと作り上げられた機能性と住宅としての性能が光ります。
 

防犯性が高い玄関ドアで安心!

 
新築一戸建てでとにかく重視したいのが防犯性!
一建設の新築一戸建てで使用しているのは、頼りになる性能がうれしい標準装備となっている玄関ドア。
家族みんなが使いやすいこのドアは、カードorシールを玄関ドアのハンドルに近づけるだけで施錠&ピッキング対策に優れている安心の2ロックシステムです。
かざすだけで開け閉めできる上、防犯性に優れた電気錠を採用しているので防犯面でも心強いですね。
断熱ドアは冬の冷気と夏の暑さを防ぐ断熱仕様。冷暖房費もきっちり節約できて室内環境も快適さをキープします。
 

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/

 

ドアと窓ガラスはしっかり断熱!

 
住宅のドアやサッシ窓、開口部の性能に大きく左右されるのが「室内の過ごしやすさ」や「冷暖房効率」。
良好な住まい環境をたもつ住宅を届けるため、一建設の新築一戸建ては、断熱性能にこだわりあり!
・断熱ドアは枠まできっちり断熱仕様されたものを採用
・窓ガラスはお日様の熱や紫外線を大きく防ぎカットできる遮熱Low-e複層ガラス(ペアガラス)を採用
この2枚ペアになったガラスは、普通のガラスに比べて熱を通しにくいのが特徴。
夏は太陽光の侵入をさえぎって涼しく、冬は暖房熱を外に逃さずあたたかさをキープ。一年を通して節電できて結露にもつよい、省エネで地球にもやさしい仕様となっています。

 

はじめの屋根は地震に強い屋根材を使用!

 
一建設の新築一戸建ては、屋根にも耐震のこだわりあり。
地震が起きた際に建物の揺れを軽減してくれるよう屋根を軽くしています。
リーブルガーデンで使用しているカラーベスト屋根は、重さが日本瓦の約1/3。原材料にアスベストが使われていないところも安心で、軽くて火災にも強く、揺れの際にも建物への負担が少ない仕様です。住宅の耐久性もアップ!
 

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/

 

見た目のキレイは外壁材&サイディングにあり!

 
せっかくのマイホームも、外壁が汚れてくすんでくるとイメージが台なしですね。
一建設の新築一戸建てリーブルガーデンでは、雨水で勝手にキレイになってくれる優秀なセルフクリーニング機能付き外壁材を採用!
キレイで美しい外観を長いあいだ保ってくれるこのサイディング(外壁の板)は、特殊な表面コートが汚れをブロック。
コーティングが雨水を利用して、防汚機能で外壁に付いた汚れを落ちやすくしてくれます。
取り付ける前には外壁とサイディングの間に通気層を作る「通気工法」で、壁の内側に空気が流れるようにします。こうすることで壁内の湿気を取り除き、結露を防いでカビや腐りの発生も抑えることができます。
 

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
 
※内装状況:2015年現在 ※販売エリアによって仕様が異なります。改良などにより変更が生じる場合があります。

 

愛され続ける住宅、その家づくりの流れとは?

一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」家づくりチャート

高いクオリティでありながら価格はリーズナブルに。
住む人や地域に貢献できるような家を届けるために。
 
見えないところにこそしっかりした技術!
一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」がこだわっているポイントとは?
 
✓ベタ基礎工法
✓外壁通気工法
✓基礎パッキン工法
✓鋼製床束
✓木造軸組工法
✓プレカット工法
✓耐震金物
✓剛床工法
✓シックハウス対策
 

「はじめの家づくり」を一挙ご紹介!

 
住宅が完成すると外からは見えなくなってしまう部分も多いですが、一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」は住みよい環境をつくるため細かいところにまで気を配って施工しています。
 
・基礎着工前
エリアによって違いが出てくるのが地盤の強さ。
一建設の新築一戸建ては、住宅の建築候補地に対して「地盤調査」をすべての棟で実施!
地盤調査会社がおこなう地盤の調査結果をもとに、必要であれば地盤補強工事などの事前対策を実施して不同沈下対策をしています。
万が一の不同沈下により損害が出てしまった場合にも、第三者等での保全体制をとっています。
 
・ベタ基礎
一建設の新築一戸建ては、つよい「鉄筋入りコンクリートベタ基礎の方式」を採用。
地面全体を基礎で覆うベタ基礎は、建物にかかる力を分散し、基礎の一部だけが沈んでしまう「不同沈下」と呼ばれる大きいダメージに対して耐久性や耐震性を発揮。
ベース部分には13mmの鉄筋を200mmピッチで碁盤目状に配筋してコンクリートを流し込んでいきます。
床下の全面がコンクリートになることで防湿対策にもなっています。
 
・住宅骨格組み上げ・柱と梁
じょうぶな建物、住宅の骨格となるのが柱や梁。
一建設の新築一戸建てにおいて、メインとなる構造木材で採用しているのは、環境にやさしいプレカットシステムと呼ばれる工法。
工場で前もってプレカット(切断・加工)された精度の高い構造材を使用して組み上げていきます。
あらかじめカットされた材木を使うメリットは、
・機械で作っているからサイズが正確であること
・工事現場で騒音やゴミが出ないこと
・現地ですぐ使えるように材料が準備してあるので時間が短縮されること
などがあります。
 
/>
出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/

・通気システム
一建設の新築一戸建てが湿気対策として取り入れているのは「基礎パッキン工法」。
この最新技術をリーブルガーデンに標準採用することで、建物が湿気で劣化するのを防ぎます。
基礎パッキン工法は通常の工法に比べ1.5倍~2倍の換気性能を発揮し、床下の湿気を排除して家の構造部を腐食から防御してくれます。
壁の内部には「外壁通気層」を設けており、こもりがちな湿気を外壁通気工法で効果的に外側へと放出します。
 
/>
出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
 
・床
リーブルガーデンでは、1Fと2Fの床部分に厚さ24mmの合板を敷いています。
一建設の新築一戸建てが採用しているのは「剛床工法」と呼ばれる工法。
構造用の面材を土台と梁に直接留め付け、床をひとつの面として住宅全体を一体化します。耐震性の面でも優れ、家屋のねじれを防いでタテ・ヨコどちらの揺れにも強い安心構造となっています。
また、床にはサビやシロアリから家を守ってくれる、強度に優れ腐食にも強い「鋼製床束(鋼製でできた建物の床を支えるための束)」を採用。長持ちするパワフルな素材が住宅床をしっかりと支え、将来のメンテナンス性にも一役買ってくれます。
 

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
 
・耐震金物
構造材をつなぎとめる接合部分に使用する接合金物は、耐震金物(筋交い金物・メルト羽子板ボルト・ホールダウン金物など)を採用。
基礎・土台・柱など接合部ごとに最適で適材適所となる「耐震金物」を選んで使用することで構造体をしっかりと結合します。リーブルガーデンは、ある日突然起こり得る地震の揺れから大事な住まいを守り、建物のゆがみや倒壊のない耐久性の高い住宅となっています。


出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
 
・防水工事
住宅にとって重要な部分のひとつが屋根や外壁の防水工事。
一建設の新築一戸建てでは、通気性を確保して結露を防ぎ、住宅を長持ちするようにします。
屋根はカラーベスト屋根という陶器瓦の約半分の重さのものを採用。屋根を軽くすることで、住宅の負担を減らして耐久性は向上させています。
壁には通気性の高い透湿防水シートを使用して、壁の中の湿気を効率よく外気に放出。壁の内部結露を抑えて耐久性をアップさせています。
 
・建築中の品質検査
一建設の新築一戸建てでは、安全な住宅をお届けするための検査体制が万全!
できあがった家がしっかりと仕上げられているかを細かく確認します。
基礎・構造・屋外の防水検査など、第三者ならびに一建設社内のきびしい品質チェックと法的検査がおこなわれています。
 
・断熱工事
快適な室内環境か否かを決めるのが住宅の断熱工事。
一建設の新築一戸建てでは充填断熱工法を採用しています。
1階の床下・壁・最上階天井には、断熱材をすき間なくきっちりと敷き詰めて充填します。
家全体を断熱材で包みこむことで、夏の暑さや冬の寒さをやわらげ、断熱効果の高い住みやすい家になっています。

・内装工事・造作工事
天井の下地を作り、電気の配線をおこないます。
壁・天井の内側に石こうボードを貼り付けていき、その下地の上に、壁紙(ビニールクロス)を貼って仕上げます。
一建設の新築一戸建ては、使う建材の安全性が最高レベル!
有害となる物質をほとんど含まない建材でシックハウス対策をおこなっています。
設備にもエコジョーズや節水便器、ヘッダー配管などの省エネ器具を使用!

 
家族みんなが健康で暮らして欲しいから

 

はじめのシックハウス対策

※シックハウス症候群とは?
 
新築一戸建て住居などで室内の有害物質が原因となり起きる「めまい・頭痛・鼻炎・目やのどの痛み・倦怠感」などの体調不良および健康障害のことをいいます。

 
安心して住める家として必要なのは、ファミリーの元気を守るための有害物質への配慮。
リーブルガーデンではこのシックハウス症候群の原因となる化学物質の代表格である「ホルムアルデヒド」への対策を重要視しています。
 

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/

 

はじめが使うのは安心建材フォースター!

 
一建設の新築一戸建てでは、内装建材に「F☆☆☆☆」(フォースター)相当の建築材料を採用。
この最高等級のフォースターは、建材としてもっとも安全性が高いレベルのもの。
ホルムアルデヒドの発散量が少なく、発散速度が最も遅い等級が「F☆☆☆☆」(フォースター)となります。
リーブルガーデンでは床材など室内の仕上げ材をはじめ、キッチンキャビネットや扉、構造用集成材や床下地合板などでこの建材を使用しています。
シックハウス症候群の原因となる有害物質をほとんど含まないので、気になる健康への被害を減らし、安心して暮らせる住宅を提供しています。

※普段の暮らしにもシックハウス対策を!
住宅の中にある家具、衣服などを守るための防虫剤、化粧品、タバコ、ストーブなども化学物質の発生源と考えられています。日々の換気を十分におこない、お使いの住宅家具や身の回りの日用品、生活習慣など、住まい環境にも家族みんなで充分に気をつけましょう!
 

一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」は青の省エネラベル!

 

はじめの省エネシステムはどんなもの?

地球温暖化防止に貢献できる住宅として、指標となるのが
「住宅事業建築主の判断基準」と呼ばれるもの。
 

住宅事業建築主の判断基準とは?

 
一建設の新築一戸建てのように、「戸建住宅の仕様・性能を決定し、設計・新築し販売する住宅事業建築主」に対し、この会社自らが新築・販売する建売戸建住宅について、目指していく省エネルギー性能を新たに定めたものが「住宅事業建築主の判断基準」です。
 
冷暖房機器、照明、給湯、換気、太陽光発電など、一建設の新築一戸建てのように新築時に備え付けられている設備の消費エネルギーや省エネ効果を加味。
この省エネルギー性能を判断する基準は「住宅トップランナー基準」とも呼ばれています。
 

住宅省エネラベリング制度とは?

 
「住宅事業建築主の判断基準」(通称「住宅トップランナー基準」)に適合している住宅について、「住宅省エネラベル」を広告やパンフレットに表示する事ができる制度。
この制度に対応している一戸建て住宅は、従来の住宅に比べて二酸化炭素の排出を減らすことができます。
 
住宅省エネラベルには、
・「住宅事業建築主の判断基準」に適合する場合に『総合省エネ基準:適』
・「省エネ対策等級4」に適合する場合に『断熱性能基準:適』
この2つの項目について性能を表示する事ができます。
 
その性能についてはわかりやすく色分けがされており、
・登録建築物調査機関の評価を受けた場合の「登録建築物調査機関評価」は緑色のラベル
・建築主が自ら性能を評価して表示する「自己評価」は青色のラベル
となっています。
 

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
 
一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」は、2009年の「住宅事業建築主の判断基準」の施行当初からこのシステムに積極的に取り組んでいます。
現在では、標準仕様で「総合省エネ基準」と「断熱性能基準」の両方に適合する住宅を供給!
リーブルガーデンは自己評価の「青ラベル」を表示する事ができます。

 

リーブルガーデンはフラット35には対応している?

一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」に適応!
リーブルガーデンは「フラット35」Sの省エネルギー性(省エネルギー対策等級4)で適合証明を取得しています!
リーブルガーデンでは、第三者検査が入る「フラット35」を利用することで、お客様により安全で安心して暮らせる住宅を提供しています。
 

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
 
フラット35とは?
最長35年の長期固定金利住宅ローンです。資金を受け取る際に「返済完了までの借入れ金利・返済額」が確定します。
 
フラット35のメリットとは?
・保証料なし、繰上げ返済手数料なし!
住宅を購入する際、住宅ローン借り入れにあたって一般的に必要となる保証料がかかりません。保証人に関しても不要となっています。
また、返済中に繰上げ返済や返済方法の変更を行った場合にも、手数料はかかりません。
 
・機構の技術基準で、住まいづくりを応援
住宅の断熱性・耐久性等について、住宅金融支援機構が定めた技術基準に基づいて物件検査を受けています。
※住宅金融支援機構とは 2007年4月1日発足、住宅金融公庫の業務を継承した独立行政法人のことです。
 
フラット35Sとは?
フラット35を申し込んだ人が「省エネルギー性」「耐震性」などに優れた住宅を購入する場合に、フラット35の借入れ金利を一定期間引き下げる制度です。
 
・「フラット35」Sエコ
省エネルギー性に優れた住宅を取得される場合に【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げ
 
・「フラット35」Sベーシック
耐震性・バリアフリー性などに優れた住宅を取得される場合に【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げ

 
外観や住宅設備はどんな感じ?

リーブルガーデンの設備仕様例いろいろ

(2015年現在 ※販売エリアによって仕様が異なります。改良などにより変更が生じる場合があります。)
 

一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」ギャラリー

 
「リーブルガーデン」モデルルーム&外観


出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/

 

リーブルガーデン内装例

 
押入れ付き和室・玄関床タイル・手すり付き階段

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/

 

リーブルガーデン水回り設備仕様例

 
・システムキッチン
 

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
 
キッチンカウンター:たっぷりの収納力と使い勝手の良さが魅力のスライドタイプ収納
ガスコンロ:火力に自信、安全でお手入れしやすい3口ガスセンサーコンロ
換気扇:お掃除ラクラク、汚れがつきにくく落としやすいレンジフード
水栓:蛇口に浄水器が内蔵!浄水シャワーが使えるハンドシャワー
吊戸棚:収納物の落下を防ぐ!耐震の自動ロック付き吊り戸棚
シンク:たっぷりのスペースでザルも鍋も洗いやすい!ワイドな静音ジャンボシンク
 
・洗面&システムバス  

洗面台:くもり止め付き&使いやすいハンドシャワー付き洗面化粧台
 

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
 

バスルーム
浴室:段差がなく安全、半身浴や親子入浴にひろびろ快適なシステムバス
床:クリーン床でカビをブロック。すべりにくく乾きやすい快適仕様!

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
 
トイレ:フチなし形状で掃除がラク。ダブル洗浄&脱臭機能でいつも清潔な節水ウォシュレット
21
出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
 

リーブルガーデン快適設備例いろいろ

 
給湯器:お財布にも環境にもやさしい高効率の省エネ給湯器、エコジョーズを採用。
換気:住宅内の各居室から新鮮できれいな空気を給気し湿気を防ぐ24時間換気システム
インターホン:玄関先を映像と音でチェックでき、いつでも訪問者を確認しやすいカラーモニター
床下収納:1Fキッチン&洗面所に空間を有効利用できる床下収納スペースを設置(※プランによって設置がない場合があります)
手すり:家族のだれもが室内を移動しやすく、体にもやさしい補助手すりを階段やトイレに
 

住宅購入後のカスタマーサービスは?

 

一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」は住んで安心のケア満載!

はじめの気持ちを忘れずに、リーブルガーデンを選んでくれたお客様とずっとお付き合いできるように。
そして、リーブルガーデンでずっと永く満足して暮らしてもらえるように。
一建設の新築一戸建てリーブルガーデンでは、暮らす人のためのさまざまなサポート体制を用意しています。
 

リーブルガーデンの保証とサポート

 

出典:http://www.hajime-kensetsu.co.jp/
 

保証システムがあるから安心できる!

 
1. 住宅瑕疵担保履行法
住宅瑕疵担保履行法とは?
お客様が消費者として購入した新築一戸建て住宅に欠陥があった場合に、 販売または建築した側が、その欠陥部分についての補修などを確実に行うための法律です。
 
・平成21年10月1日に施工された「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律(住宅瑕疵担保履行法)」について
一建設の新築一戸建てでは、分譲住宅については『保証金の供託』によって資力の確保を行っています。
一建設の新築一戸建てでは、建築中に第三者検査と社内検査の2重の検査を実施し、住宅を購入した人が安心して住むことのできる住宅の供給に努めています。
 
・分譲住宅での保証金の供託について
一建設の新築一戸建て分譲住宅において、瑕疵(欠陥や不具合等)が判明した場合、一建設が責任を持って補修を行います。
倒産等によって一建設による保証が困難になった場合でも、保証金を法務局などに供託しているので、お客様からの請求により一定の条件を満たした時に必要となる金額が還付されます。

 

はじめが力を入れるのはアフターサービス!

 
2.定期点検サービス
お客様の快適な住環境を守るため、一建設の新築一戸建て「リーブルガーデン」が実施している定期点検は計3回。
引き渡しから6ヶ月後・1年後・2年後に無料点検がおこなわれます。
リーブルガーデンでは点検専門の技術員が存在し、点検実施時期なったら技術員がお客様のお宅におうかがい。
数十項目にわたる点検内容にそって、チェックシートで住宅の状態および詳細を丁寧に確認していきます。
点検後は、内容の履歴をデータベース化。お客様が暮らす「リーブルガーデン住宅の状況」をしっかりと把握することで、的確な提案につなげていくように役立てています。
 
【住宅保証システム】
はじめの保証は基本の10年+最長35年の長期保証可能!
一建設の新築一戸建てでは、主要な構造部分に対して基本長期保証として10年間の住宅保証があります。
この基本保証に加えて、有償メンテナンスの継続によって住宅の延長保証が受けられ、最大で35年までの長期保証が延長できます。
 
【建物無料診断】
・床下診断(5年ごと) 
シロアリ被害状況をメインに住宅の床下診断を実施します。
診断後は点検報告書をお客様に提出。適正な有償メンテナンスを提案します。
※有償工事・メンテナンス例:防蟻工事 (内容:薬剤散布)
 
・外装診断(10年ごと)
屋根・外壁・基礎などの劣化状況をメインに住宅の外装診断を実施します。
診断後は診断報告書をお客様に提出。適正な有償メンテナンスを提案します。
※有償工事・メンテナンス例:屋根シーリング工事(内容:塗装・打ち増しなど)、外壁・基礎・防水工事(内容:塗装など)
 

いつでも見られるお役立ち情報満載!

3.すまい管理の手帳やメンテナンスファイル
一建設の新築一戸建てでは、お客様へ住宅を引き渡す際に「暮らしに役立つ書類」をお渡ししています。
 
・メンテナンスファイル
一建設の新築一戸建てオリジナル!
アフターサービス基準証書・住宅に関連するさまざまな資料を一箇所にまとめてわかりやすく保管することが可能です。
 
・住まいのお手入れセット
住宅のお手入れができるように、
収納ケースに各種補修材をセットしたものです。
 
・住まいの管理手帳
安全で快適に住むための注意やルール、住宅の日常のお手入れ法、住まいの防災や防犯対策について、一般的な事柄をまとめた読みやすくわかりやすい書籍となっています。
 

CMでおなじみ!
 

分譲戸建住宅市場シェアNO.1「飯田グループホールディングス」とは?

 
大手6社が2013年11月に経営統合し誕生した飯田グループホールディングス。
「マイホームが欲しい」そう思うさまざまな人が家を買えるような会社にしたいとの思いで、「価格は低く、安心して暮らせる家づくり」をモットーに結束。
 
「誰もがあたり前に家を買える社会」の実現を目指し、グループが集結して低価格で高品質な住まいを提供しています。
 
・グループ一覧
飯田産業・東栄住宅・一建設・タクトホーム・アイディホーム・アーネストワン

口コミを投稿する

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
投稿内容の取扱いはプライバシーポリシーに準じます。