飯田産業の新築一戸建て いいだのいい家「ハートフルタウン」

top
出典:http://www.iidasangyo.co.jp/

飯田産業は分譲戸建住宅で全国シェア日本一!

供給する戸建分譲住宅の数は、なんと一年間に4,800棟以上。

長いあいだ培ってきた豊富な経験と家づくりのノウハウで建てられる飯田産業の新築一戸建て住宅。

1都3県に存在している戸建分譲住宅の数から見てみると、16棟のうち1棟は飯田産業が建てた「いいだのいい家」ということになります。

「飯田産業ってどんな会社?」

「新築一戸建て・ハートフルタウンってどんな家?」

「どんなところが優れているの?」

飯田産業が建てる新築一戸建ての魅力はどんなところにあるのでしょう?

    ・オリジナルの工法で地震に強い

  • ・いいだのいい家は自社設計で自社施工
  • ・クオリティはそのまま、工期が短い!
  • ・住む人の多様なニーズに応えられる高品質な家




ハートフルタウンは「安心・安全・住みやすさ」を「安価」で提供することをとことんまで追求した家なのです。

いいだのいい家ならではの工法!

飯田産業の新築一戸建ては「独自のI.D.S-V工法」

出典:http://www.iidasangyo.co.jp/




長持ちする暮らしやすい家でありながら、短い工期で完成!
飯田産業の新築一戸建て
オリジナルの家づくり「I.D.S-V型工法」ってどんなもの?

  • ・高い耐久性にこだわり丈夫で長持ちする家
  • ・すべての家に高いクオリティを保つことができる
  • ・「耐震性」「耐久性」「断熱性」「気密性」に優れている
  • ・シックハウス対策やバリアフリー対策においても万全

ここでは、飯田産業の新築一戸建て住宅のメインともなっている家の建て方「I.D.S-V型工法」について
「どんなものなのだろう?」と思われる方にもわかりやすくご説明します。

まずは、「I.D.S-V型工法」のベースとなっているもの2つについて。

 

「オリジナル耐力壁パネル」

pict_02
飯田産業の新築一戸建てに使用されているのが、この特許取得している「壁パネル」。
このパネルは、国が定めている最高強度・壁倍率5.0を誇ります。
出典:http://www.iidasangyo.co.jp/

 

柱を固定する金物「TロックⅡ」

4件の特許取得!いいだのいい家に使われているオリジナルの固定金物、TロックⅡ。
柱頭(柱の頭部)・柱脚(柱の足元)固定金物は一般的なものに比べ約2倍の強度を誇ります。

出典:http://www.iidasangyo.co.jp/

これらの工法を最大限に使った新築一戸建て住宅は、飯田産業ならでは。
いままでの工法を上回る「強さ」といままでのパネル工法を超える設計の「自由度」が高くなっています。

いいだのいい家に使用される建築素材は、工場化率が高いため、良質で均一なクオリティを低価格で提供することが可能になっています。
そのため、このオリジナル工法で作られた家は、一定の品質をキープすることができますし、職人の腕による仕上がりの差や品質のばらつきがないところも安心です。

「I.D.S-V型工法」の大きな魅力&メリット6つ

1) 耐久性能・維持管理費

いいだのいい家が一般的な住宅と比べて維持費を低くできる理由とは?
木造住宅で数十年にわたって長く快適に暮らすためには「湿気対策」や「換気」が重要となってきます。
飯田産業の新築一戸建ては、さまざまなこだわりと工夫で「長くもつ家」として高く評価されています。
だから、定期的なメンテナンスのみで建て替え不要!

飯田産業の新築一戸建てでのこだわり&工夫

  • ・床の下に地面からの湿気を防ぐ基礎パッキンと呼ばれる緩衝材を敷いて床下換気
  • ・耐震パネルと外壁に使用する外装材(サイディング)の間に通気構造を採用
  • ・住宅内の点検・清掃・修繕がかんたんにおこなえること
  • ・メンテナンスやリフォームしやすい配管方法

 
飯田産業の新築一戸建ては…
☆劣化対策等級3(75~90年もつ住宅として評価)最高等級
☆維持管理対策等級3 最高等級

大きな地震や台風に負けない家!

 

2) 耐震・耐風性能

「パネルの強度=家の耐震性」となるため、家づくりではパネルの品質がとても重要。
そこで飯田産業が新築一戸建てに使用しているのが、強度に優れた「オリジナルの耐震パネル」。
工場で生産した壁パネルを取り付けて、家の中心的な構造を作り上げていきます。
工場生産のため、品質にもバラつきがありません。
パネルの中に断熱材を組み込んであり、一般的な木造住宅に使われているものと比較しても優れた強さを発揮。
大きな揺れ、強い風にも耐えられるよう、強い壁で大事な家をしっかりと支えます。

いいだのいい家は独自の強い金物使用!「TロックⅡ」
飯田産業の新築一戸建ては、柱と基礎を固定する金物にもこだわっています。
たとえば、家を建てる際に一般的に使用される柱の固定金物「ホールダウン金物(HD20)」は高い性能を持つとされていますが、飯田産業の新築一戸建てに使用されているオリジナル柱頭・柱脚固定金物「TロックⅡ」は、なんと強度がさらに約2倍もあるのです!

飯田産業の新築一戸建ては…
☆耐震等級3 最高等級
☆耐風等級2 最高等級

家族みんなで安心して暮らしたいから!
 

3) シックハウス対策

新築一戸建て住宅を選ぶ際、注意しておきたいのが「シックハウス症候群」への対策。
シックハウス症候群とは、新築宅に使用される建築建材などからの化学物質や室内空気循環の悪化などで引き起こされる頭痛やめまいといった体調不良のことをいいます。
いいだのいい家ならこんなところも安心!

  • ・ホルムアルデヒド(接着剤や塗料に含まれる揮発性有機化合物の一種)の発散量の少ない建材を使用
  • ・24時間換気システムの導入で屋内の空気環境に配慮

飯田産業の新築一戸建ては…
☆ホルムアルデヒド対策等級3 最高等級

地球にも家にもやさしい!
 

4) 省エネ性能

飯田産業の新築一戸建ては、住まいの省エネルギー化にもこだわった家づくりをしています。
水や湿気の影響を受けやすい外壁や床、サッシ窓、玄関ドアなどにおいて、省エネの効果を高めるためのさまざまな工夫がなされています。

  • ・断熱性能の高い素材を使用
  • ・外壁や床には水に強い断熱材ポリスチレンフォーム使用
  • ・サッシには断熱性能が高く省エネに役立つペアガラス(複層のガラス)使用
  • ・玄関には断熱ドアを使用

飯田産業の新築一戸建ては…
☆省エネルギー対策等級3

 

高齢者の人が安心して暮らせる家!
 

5) バリアフリー対策

飯田産業の新築一戸建てでは、家族のだれもが安心して暮らせるように、家の中での移動しやすさなどにこだわった家づくりをしています。
高齢者や子どもへの配慮

  • ・さまざまな場所に手すりを取り付けられるように、あらかじめ壁に下地を入れた設計
  • ・安全に家の中を移動できること、介助しやすいことに考慮した設計

 
飯田産業の新築一戸建ては…
☆高齢者配慮対策等級3

 
住宅によって出る品質のバラつきを防止!
 

6) 均一なクオリティ&価格

飯田産業の新築一戸建て、その家づくりは、最新鋭の機械やシステムを導入しておこなわれています。

  • ・建材などは工場で一括生産しているため、安定したクオリティ
  • ・品質第一、厳重な品質管理のもと、安心安全のためにさまざまな検査を実施

 
いいだのいい家は厳しいチェック済!
通常の検査→工事に欠陥がないように行政庁が1回検査します。
飯田産業→設計の段階で、まず一度審査と評価をおこないます。

 
飯田産業の新築一戸建てでは、
 

  • ・すべての住宅において行政庁または指定検査機関の検査
  • ・自社による検査

 
基礎鉄筋の検査・金物の検査・断熱材の検査・完成検査・引渡し前の検査
 
・第三者機関の検査
 
基礎鉄筋の検査・金物の検査・断熱材の検査・完成検査
この第三者機関の検査を通過することで「評価書」が発行されます。
 
かたちを変えられるのが飯田産業の新築一戸建て!

かんたん変身住宅(SI・スケルトンインフィル住宅)とは?

「いいだのいい家」は、年月とともに変わる家族のライフスタイルに合わせて、
内装や設備など間取りの変更を柔軟におこなうことが可能!

 

スケルトンインフィル住宅ってどんなもの?

その名の通り、家の間取りなどを柔軟に変えていくことができる住宅のこと。
ロングライフ住宅として、一般的には「スケルトン・インフィル住宅」と呼ばれています。

 
「スケルトン(Skeleton)」は骨格のこと。家の構造体を示しています。
飯田産業の新築一戸建ては、「柱・梁・床」などが長持ちするように耐久性を追求!
三世代にわたって家族が同じ家で永く暮らし続けることができるように、長期住宅を目指した家づくりとなっています。

 
「インフィル(Infill)」は内装・外装・設備・間仕切りのことです。
飯田産業の新築一戸建ては、住宅内の内装や設備の変更・更新をしやすい!
暮らしの中で、家の設備や間取りを変更したくなった時かんたんにリデザインがおこなえるよう考えて造られています。

 
長く住まう家だから、自由に間取りが変えられるのがうれしい!
~間仕切りを自由に、家の中を住みたい形に~
飯田産業が新築一戸建てで提案している住まい方のひとつのかたち、
それがこの「かんたん変身住宅(スケルトンインフィル住宅)」です。

出典:http://www.iidasangyo.co.jp/
 

部屋のあり方を暮らしに合わせて変化させる!

長い耐久性が自慢の「いいだのいい家」だからこそ実現するこのアイディア。
家族の暮らし方、ライフステージの変化に合わせて間取りや内装などを簡単に変えられること。
「新築一戸建てを購入しても、しばらくしたら建て替えが必要になるのかな…」
飯田産業の新築一戸建て「ハートフルタウン」ならそんな心配はいりません。

 
子どもが大きくなったら。リビングを広くしたくなったら。

 
新しい家に暮らし始めて、5年後、10年後、20年後……
新婚のとき、子どもが生まれてから、子どもが大きくなって巣立ってから など
いろんな希望が出てくる未来の暮らしについても考えられ造られています。

 
○かんたん変身住宅例

 
たとえば…
飯田産業で新築一戸建てを購入
1F にリビングと和室、2Fに寝室や子ども部屋を設置。
数年後、子供の独立や夫婦の高齢化、家族構成など暮らし方が変化
そこでスケルトンインフィルでデザイン変更!

 
夫婦ふたり暮らしになったとき。独立して結婚した子どもが孫と遊びに来たとき。
「もっと広いリビングにしておけばよかったなあ」
そんな風に思うことも多いものです。

 
1Fのリビングと和室→ひとつの広いリビングルームへ
2Fの寝室と子ども部屋→ひとつの広いフリールーム兼ベッドルームへ など

 
LDKと和室をつないで広々とさせたり、
使わなくなった子ども部屋をひとつの多目的ルームにしたり。
 

家づくりの時点から考えられている「ロングライフ住宅」

飯田産業の新築一戸建ては、家をつくる段階から「家族構成や住み方の変化」を予想。
「将来間取りが変わる」ことを想定して柱の位置を決めています。

 
そのため、スケルトンインフィルで複数の部屋をつなげることになっても、通常であれば邪魔になってくる可能性のある「柱」がネックになりません。
購入時には分かれていた部屋を、柱に邪魔されることのない「ひとつの大きな部屋」にすることも可能!
見た目もスッキリと、まるで最初からのデザインのようにしっくり馴染みます。

 
もちろん、間取りを変えても家そのものの強さは変わりません!
そこが、飯田産業の新築一戸建て「かんたん変身住宅・スケルトンインフィル住宅」の魅力。
「間取りを変更すると建物が弱くなるのでは?」といった心配が無用です。

 

飯田産業の新築一戸建て「いいだのいい家・ハートフルタウン」は
すべての家で「住宅性能評価書」取得対応住宅!

安心して家を選ぶためのポイント3つ

その①
住宅性能表示の制度が全棟に導入されている飯田産業の新築一戸建て

 
Q.「住宅性能表示制度」ってなんだろう?
1) 住宅性能表示制度は、住宅の性能を評価して表示するための、法律に基づいた制度です。

2) 性能を表示するための共通したルールは、「日本住宅性能表示基準」として国が定めています。

3)  客観的に住宅評価を実施する国が認めた第三者機関によって「住宅性能評価書」を交付します。

住宅性能評価書は2種類あり、それぞれ法律に基づいたマークが表示されます。

  • ・設計図での段階で検査した評価結果をまとめたもの「設計住宅性能評価書」
  • ・施工の段階と完成した段階での検査の評価結果をまとめたもの「建設住宅性能評価書」

4) 住宅性能評価書に記載された内容を住宅購入の際の契約に活かすことができます。

5) 住宅の紛争があった場合に、スムーズで専門的な紛争処理を申請・受けることができます。

 
安心の目安!
飯田産業の新築一戸建ては、2階建ての住宅において住宅性能表示制度の6項目で「最高等級」を取得しています!
 
Q.「住宅性能表示制度」でどんなことがわかるの?
それぞれの住宅メーカーによって建てられるさまざまな戸建住宅。
家ごとの性能について知ることは、家探しにおいてとても重要なプロセスですね。
間取り図や外観からではチェックしづらいのが性能の部分。
ですが、家についての説明や表示は会社によって表現にばらつきがあるため、比較検討するときにも「よくわからないなあ」と思われることが多いかもしれません。

 
そこで役に立つのが、国土交通省が作った「住宅性能表示制度」です。
住宅に必要な基本の性能を10分野・35項目に分け、それぞれに等級を付けて一般のお客様が見てもわかりやすいようにランク付けしたものです。

 
各社でバラバラに建てられた住宅の性能、その表示や内容についての比較が可能になります。
住宅に関する専門知識がない一般のお客様でも「わが家のクオリティ・性能」がわかりやすいため、安心して家選びをすることができます。
この評価は、住宅を作ったメーカーではなく、国土交通大臣が指定した第三者機関がおこなうため、公正であり信頼性の高いものとなっています。
(※3階建住宅は、最高等級を取得できない場合もあります。)
 
Q.住宅性能評価書ってどんなもの?
住宅性能表示制度にもとづいて発行されるものが「住宅性能評価書」です。
飯田産業の新築一戸建て住宅では、「設計」と「建築」の両方でこの評価書を取得しています。
その後、お客様に住宅性能評価書が提出されます。

 
そこで役に立つのが、国土交通省が作った「住宅性能表示制度」です。
住宅に必要な基本の性能を10分野・35項目に分け、それぞれに等級を付けて一般のお客様が見てもわかりやすいようにランク付けしたものです。

 

  • ・ランク付けが一目瞭然で、住宅について詳しくない人でもわかりやすい
  • ・専門機関で品質や性能チェックがおこなわれた住宅だから安心
  • ・いろいろな新築一戸建てを比較検討する際にも役に立つ

 

その②
10項目あるランクから「住宅の性能」をしっかりチェックできる!

 
Q.「住宅性能表示制度」ってなんだろう?
 
①建物の構造が安定していること
 
地震の揺れ、暴風や台風、積雪に対する建物全体の倒れにくさ、ダメージの受けにくさ
柱・梁・主要な壁・基礎など建物の強さを評価しています。

いいだのいい家「ハートフルタウン」は…
耐震等級(構造躯体の倒壊等防止) 等級3 (最高等級) 取得
耐震等級(構造躯体の損傷防止) 等級3 (最高等級) 取得
耐風等級(構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止) 等級2 (最高等級) 取得
 
②火災に対する安全性があること
早く感知・発見できること、燃え広がりにくさ、避難しやすさ、逃げやすさ
住宅で火災が発生したとき、安全に避難できるための対策や延焼を防ぐための対策を評価しています。

いいだのいい家「ハートフルタウン」は…
感知警報装置設置等級(自住戸火災時) 等級3取得
耐火等級
・延焼の恐れのある部分(開口部) 等級1取得
・延焼の恐れのある部分(開口部以外) 等級2取得
 
③建物の劣化への軽減に関すること
住宅を長く保つため、通気や換気などの工夫、木材の腐朽など、建物の劣化しにくさへの対策
時間の経過とともに起こる住宅使用材料の劣化に対し、進行を遅らせるための対策を評価しています。

いいだのいい家「ハートフルタウン」は…
劣化対策等級(構造躯体等) 等級3 (最高等級) 取得
 
④維持管理への配慮に関すること
給油給排水管とガス管の日常使用においての維持管理のしやすさ、補修のしやすさ
故障や浸水事故などが起きたとき、点検や修理がしやすいか、掃除しやすいかを評価しています。

いいだのいい家「ハートフルタウン」は…
維持管理対策等級 等級3 (最高等級) 取得
 
⑤温熱環境やエネルギー消費量に関すること
住宅の断熱化により冷房暖房時の効率化、省エネルギー対策の程度
外壁や窓の断熱性能、住宅内設備の性能などを評価しています。
いいだのいい家「ハートフルタウン」は…
省エネルギー対策等級 等級3 (上位等級) 取得

 
⑥住宅の空気環境に関すること
内装仕上げ材、下地材のホルムアルデヒド放散量の少なさ
仕様建材、住宅の室内空気に含まれるさまざまな化学物質に対する換気対策、換気装置の有無を評価しています。

いいだのいい家「ハートフルタウン」は…
ホルムアルデヒド対策等級(内装及び天井裏等) 等級3 (最高等級) 取得
全般換気対策
 
⑦光・視環境に関すること
日当たりや採光を得ることができる開口部面積の多さ
窓など開口部の大きさ、東西南北の方位ごとの開口部割合の分布比率を評価しています。

 
⑧音環境に関すること
外部からの騒音の遮断程度として居室のサッシ等の遮音性能を評価
音の伝わりにくさ、遮音性への対策を評価しています。
いいだのいい家「ハートフルタウン」は…

透過損失等級(外壁開口部) 等級2取得

 
⑨高齢者などへの配慮に関すること
住宅内の移動の安全性、介助のしやすさ
高齢者や子どもの暮らしやすさ、段差を減らし移動に必要なスペースを確保するなどバリアフリーの程度を評価しています。
いいだのいい家「ハートフルタウン」は…
高齢者等配慮対策等級(専用部分) 等級3取得
 
⑩防犯に関すること
侵入を防ぐための対策、住宅の開口部から接近のしやすさごとにグループ化
防犯建物部品、シャッターや網戸の使用の有無など侵入防止の対策をグループごとに評価しています。
いいだのいい家「ハートフルタウン」は…
開口部の侵入防止対策
 
住宅構造の安全性、空気環境、劣化の軽減、維持管理への配慮など
飯田産業の新築一戸建ては6項目で「最高等級」、だから安心!
地震に強い
・耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
・耐震等級(損傷等防止)
風への強さ
・耐風等級
劣化への対策
・劣化対策等級
家の維持への対策
・維持管理対策等級
ホルムアルデヒドへの対策
・ホルムアルデヒド対策等級(内装および天井裏等)
 

その③
飯田産業の新築一戸建て「いいだのいい家」が誇るのは地震への強さ!

 
飯田産業の新築一戸建ては揺れに強い!
「耐震等級」では最高等級である「3」を取得しています!
 
新築一戸建て住宅において「いちばん気になるのは家の耐震性」の声が多数!
地震大国でもある日本、いつ自分の住む土地でも起こるかもしれないのが突然の揺れ。
間取りや収納、断熱性や外観なども大きなポイントですが、地震があった際の安心度を重要視する方がとても多くなっています。
 
Q. 「地震に強い家」ってどんな家?
 
飯田産業の新築一戸建ては地震に強い家づくりに徹底的にこだわり、日々研究開発を続けています。
家族みんなが安心して住める、私たちに必要な「丈夫で長寿命な住宅」。
そこで生まれたのが、万が一の時にも家族を守ってくれる強い家を作ることができる「I.D.S-V型工法」。
オリジナルの方法で作られた「いいだのいい家」です。
 
Q. いいだのいい家ってどれぐらい丈夫なの?
 
飯田産業の新築一戸建て住宅は、耐震実験でその安全性が実証済み!
 
飯田産業がおこなった耐震実験にて明らかになった耐震性能とは?
「いいだのいい家」は、耐震住宅。
「I.D.S-V型工法」で建てられた新築一戸建て住宅は、どの程度の地震に耐えられるのでしょう?
 
 
I.D.S工法 耐震実験の様子
 

出典:http://www.iidasangyo.co.jp/
 
飯田産業が新築一戸建ての強さを実証するべく、他社に先駆けておこなった「耐震性能実験(実物大振動実験)」。
阪神淡路大震災、ロサンゼルス地震、新潟県中越地震、想定関東地震の4つの地震波を連続して加えた実証実験において「倒壊なし」「損傷なし」の結果となっています。
 
建物の構造体→損傷なし
仕上げ材→損傷なし
 
飯田産業の新築一戸建て「いいだのいい家」は揺れにも風にも強い!
耐震等級3 (構造躯体の倒壊防止)最高等級
耐震等級3 (構造躯体の損傷防止)最高等級
耐風等級2 最高等級
 

飯田産業の新築一戸建て「いいだのいい家・ハートフルタウン」の施工事例

外観:エントランス・外構

出典:http://www.iidasangyo.co.jp/
 

いいだの家ハートフルタウンってどんなところにあるの?

・飯田産業の新築一戸建ては全国ネットワークへ
活動エリアはますます拡大中!
東京・神奈川・千葉・埼玉・栃木・茨城・群馬・静岡・愛知・大阪・兵庫・愛媛・宮城・沖縄
あなたの街やあこがれのあのエリア。
飯田産業の新築一戸建て、その営業ネットワークは首都圏を中心に全国に広がっています。
 
・沿線やエリアから豊富な物件探し
ハートフルタウン物件が各地にズラリ。
飯田産業の新築一戸建てはいろんなエリアから探せる!だから、住まいのイメージづくりがふくらみます!
 

飯田産業の新築一戸建て、家探しのポイントは?

新築一戸建ての購入を考え始めたとき、まずどんなことから優先順位を付けますか?
暮らしたい街、住みたいエリア、通勤に便利な沿線、住宅の広さ、室内の間取り、住宅価格、日当たりの良さ、周辺環境 etc…
 
飯田産業の新築一戸建てなら、全国各地にさまざまな物件が建てられていますので、豊富な物件からじっくりと選ぶことが可能。
憧れの街や夫婦で永住したいエリア、希望の路線や市区町村、住まい環境などの希望条件から、あなたにぴったりのマイホームを見つけましょう!
 
希望条件の例&ヒント:
価格・土地面積・建物面積・広さや間取り・所在地・最寄り駅・駅からの距離・総棟数・駐車場の有無・設備・オプション設備・ユーティリティ・付近の学校や公園、スーパーなどの周辺環境 など
 

住宅購入後のカスタマーサービスは?

飯田産業では「新築一戸建て・ハートフルタウン住宅」に関してのお問い合わせ・ご相談専用のフリーダイヤルがあるので安心。
建売住宅での建物の不具合・定期点検の申し込み・家に関しての質問などを受け付けています。
 
カスタマーセンターの受付時間
電話:平日午前9:30~午後5:30まで(土日祝日・年末年始・夏期休暇をのぞく)
FAX:24時間受付(土日祝日・年末年始・夏期休暇は翌営業日以降に対応)
メール:24時間受付(土日祝日・年末年始・夏期休暇は翌営業日以降に対応)

 
CMでおなじみ!
 

分譲戸建住宅市場シェアNO.1「飯田グループホールディングス」とは?

大手6社が2013年11月に経営統合し誕生した飯田グループホールディングス。
「マイホームが欲しい」そう思うさまざまな人が家を買えるような会社にしたいとの思いで、「価格は低く、安心して暮らせる家づくり」をモットーに結束。
「誰もがあたり前に家を買える社会」の実現を目指し、グループが集結して低価格で高品質な住まいを提供しています。
・グループ一覧
飯田産業・東栄住宅・一建設・タクトホーム・アイディホーム・アーネストワン

  • 名無しさん 投稿日:2019/05/04(土) 07:08:11 ID:Q0OTU1MTQ 返信 埼玉県 ユーザー区分

    3/26 建て売り家買いました。

    床下基礎10か所以上ヒビワレありました。 ヒビの深さ0.9mm ほど大きい。
    壁全面 ヒビワレ結構あります。現在誰も住めない怖いから。 会社の胎動非常に悪い。 詐欺とあまり変わらないんです。

  • 名無しさん 投稿日:2019/05/04(土) 17:08:52 ID:Q0OTU1MTQ 返信 ユーザー区分

    いい家だろ安いから仕方がない

口コミを投稿する

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。
投稿内容の取扱いはプライバシーポリシーに準じます。